『ピエール・カルダン/ブルーベリー・シルバーブルー』をレビュー!

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』 ピエール・カルダン

『ピエール・カルダン/ Piere Cardin Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』のレビューになります。シルバーブルーのラメとレッドフラッシュがとても綺麗で、インクの色がまさにブルーベリーな発色!筆記でも着色目的でも楽しめる万年筆インクなので、ぜひご覧ください♪

※このサイトは、PR広告を掲載しています。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』はどんなインク?

『ピエール・カルダン/ Piere Cardin Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』

ピエール・カルダンから販売された「Fruitasy」シリーズは、ピエール・カルダン初のラメ入りインクになります。
果物をイメージして作られたため、インクの色はフレッシュで瑞々しい印象になっています。

今回、私が紹介する『ブルーベリー・シルバーブルー』は、名前の通りブルーベリーをイメージした万年筆インクです。
「色が好みだった」のもありますが、「どれだけブルーベリーな感じなのか?」という好奇心で購入しました!

『ピエール・カルダン/ Piere Cardin Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』の蓋を開けた写真

この『ブルーベリー・シルバーブルー』ですが、結構トロッとした感じのインクでした。
そのためか、ガラスペンで紙に書く時、とても書きやすかったです。
インクの色は、やや濃い目の青色になります。

『ピエール・カルダン/ Piere Cardin Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』のラメの部分

ボトルからみたラメは、シルバーブルーですね。

紙に書くとどんな感じ?

それでは『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、実際に紙に書いてみましょう。使用する紙とガラスペンは次の物を使っています。

使用する紙

LIFEノート

〇LIFEノート・クリーム
〇LIFEノート・ホワイト

トモエリバー

〇トモエリバー

グラフィーロ

〇グラフィーロ

高砂プレミアムバンクペーパー

〇バンクペーパー

※使用する紙は見比べるために切った紙を使用しています。

使用するガラスペン

ガラスペン

○極細・・・・・Kemmy’s Labo(ケミーズラボ) 
 ペタル 透明 細軸
○細字・・・・・Kemmy’s Labo(ケミーズラボ) 
 太軸コルセット
○中字・・・・・工芸装置 リネア

●「藤」の文字は、、工芸装置 リネア(中字)、カリグラフィーの文字は、スピードボールを使用しています。

※このプログは、個人の検証と感想で掲載しています。ご了承ください。

LIFEノート・ホワイト

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのホワイト紙に書いた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのホワイト紙に書いてみました。
くすみのある青色のインクに、シルバーブルーのラメがキレイにのっています。

正面から見ても、所々にレッドフラッシュが見られました。

まさにブルーベリーですね!

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのホワイト紙に書いた文字のアップ

『ブルーベリー・シルバーブルー』は、文字は読みやすい色だとは思いますが、極細字は人によっては読みづらいかもしれません。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのホワイト紙に筆で塗った部分のアップ

筆で伸ばした部分は、鮮やかに色が広がりました。
インクを水で薄めると、薄い青色になっていきます。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのホワイト紙を光に反射させた写真

光に反射させると、キレイにラメがインクにのっているのがわかります。
わずかにラメの部分が黄色っぽく見えました。

LIFEノート・クリーム

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのクリーム紙に書いた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのクリーム紙に書いてみました。 
クリーム紙のためか、やや黄色っぽい発色になりました。しかも、ちょっと色が濃くなったように感じます。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのクリーム紙に書いた文字のアップ

文字のアップです。
細字~中字までの文字が読みやすくなっています。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのクリーム紙に筆で塗った部分のアップ

筆で伸ばした部分はキレイにラメがのって、レッドフラッシュも見られました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、LIFEノートのクリーム紙を光に反射させた写真

光に反射させた写真です。
クリーム紙に書いた『ブルーベリー・シルバーブルー』も、ラメがキラキラしていいですね!

LIFEノートのクリームとホワイトの比較

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、ホワイト紙とクリーム紙

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、LIFEノートのホワイト紙とクリーム紙を比べてみました。
ホワイト紙、クリーム紙ともに、良い色合いが出ていると思います!

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、ホワイト紙とクリーム紙のアップ

同じ種類のノートということもあり、フラッシュの出具合は同じですね。
クリーム紙に書いたインクの色が少し濃く見えるため、文字が読みやすい気がします。

トモエリバー

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、トモエリバーに書いた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、トモエリバーに書いてみました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、トモエリバーに書いた文字のアップ

 発色の感じは、LIFEノートのホワイト紙に似ていました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、トモエリバーに筆で塗った部分のアップ

トモエリバーも、レッドフラッシュが鮮やかに出ています!

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いたトモエリバーを光に反射させた写真

トモエリバーに塗った『ブルーベリー・シルバーブルー』は、わずかにラメの部分が黄色っぽく見えました。

グラフィーロ

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、グラフィーロに書いた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、グラフィーロに書いてみました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、グラフィーロに書いた文字のアップ

用紙の中では、インクの青さが一番強く出ています。
そのためか、極細字~中字まで、かなり読みやすいです。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、グラフィーロに筆で塗った部分のアップ

筆でインクを伸ばすと、鮮やかな青色になっていきました。
今までの用紙を見てからグラフィーロを見ると、「違うインクなのかな?」と思ってしまいそうです。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いたグラフィーロを、光に反射させた写真

光に反射させた写真です。
発色がわずかに違うせいか、LIFEノートやトモエリバーと比べ、ラメが白っぽいシルバーブルーに見えました。

高砂プレミアムバンクペーパー

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、高砂プレミアムバンクペーパーに書いた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、高砂プレミアムバンクペーパーに書いてみました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、高砂プレミアムバンクペーパーに書いた文字のアップ

文字のアップです。
極細字の読みやすさは、人によりそうですね。
細字や中細字は問題なさそうです。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、高砂プレミアムバンクペーパーに筆で塗った部分のアップ

ラメの反射なのか、インクの色なのか、やや黄色っぽい青色に見えます。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、高砂プレミアムバンクペーパーを光に反射させた写真

光に反射させると、ラメやレッドフラッシュがキレイに出ています。
レッドフラッシュが、いかにも「ブルーベリー」の感じが出ていて、「さすが、ピエール・カルダン!」と思いました。

全体の比較

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、全ての用紙を並べた写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、全ての用紙を並べた写真がこちらです。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、トモエリバーとグラフィーロ、LIFEノートのホワイト紙

大きな色の変化があった用紙はありませんでした。
あえて言うならば、グラフィーロは青さが強く発色したと思います。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、LIFEノートのクリーム紙、グラフィーロ、バンクペーパー

どの用紙もキレイにラメがのり、良い発色が出ました。
文字を書くのも良いですが、ラメインクなので着色目的でも使いたくなるインクですね!

裏抜け

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、全ての用紙を裏返した写真

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、全ての用紙を裏返して、裏抜けを確認しました。

なんと、ほぼ、裏抜けが無し!凄すぎる!! (≧∇≦)ノ

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、LIFEノートのホワイト紙とクリーム紙
(上)LIFEノート・ホワイト紙(下)、LIFEノート・クリーム紙

特に、LIFEノートは何事もなかったかのような感じです。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で書いた、トモエリバーとグラフィーロ、バンクペーパーの裏

グラフィーロ、トモエリバー、バンクペーパーは「わずかに筆で塗った部分がわかるかな?」という、黄色っぽい色が透ける様な感じにみえる程度です。
(青色のインクなのに、なぜ黄色っぽい裏抜けなんでしょうね。インクの成分でしょうか?)

筆で塗った所は、いつも通りドップリつけて塗ったので、裏抜けの確認をした時はかなり驚きました。

ぬりたくりをしてみました

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で塗った、ぬりたくりカード

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で、ぬりたくりをしてみました。

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』で塗った、ぬりたくりカードを光に反射させた写真

鮮やかな青色に、シルバーブルーのラメがキラキラ光っています。
ぬりたくりカードに塗った時にレッドフラッシュが出なかったのが残念ですが、キレイな色が出たので、個人的には満足です♪

今回、ピエール・カルダンのインクを初めて購入したのですが、「こんなに発色がいいインクなら、もっと早くに買ってみればよかった!」と思いました。

ぬり絵じゃないぬりたくり絵・インクカード

使用したのは、『ぬり絵じゃないぬりたくり絵・インクカード( omitment 編 )』です。
ぬりたくり製品は次々と新製品が出ているので、使うのも選ぶのも楽しいですよ!

石丸文行堂 楽天市場店
¥1,100 (2023/11/30 18:05時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

『ピエール・カルダン/  Colours of Fritasy/ブルーベリー・シルバーブルー』は、濃い青色にシルバーブルーのラメが美しい万年筆インクです。レッドフラッシュがブルーベリーを潰した時のように見え、まさにブルーベリーの色を再現したようなフレッシュな色となっています。ラメインクのため万年筆に入れることはできないので、ガラスペンなどのつけペンが必要になります。筆記や着色目的で楽しめそうなインクです。

石丸文行堂 楽天市場店
¥3,080 (2023/12/01 00:35時点 | 楽天市場調べ)

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

フラッシュや遊色が出るインクが好きな人は、こちらのまとめ記事がオススメです。
ぜひ、ご覧ください♪

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました