初心者におすすめの万年筆5選!安価で使いやすい製品を紹介!

初心者におすすめ万年筆5選 万年筆

「万年筆を使ってみたいけれど、どの万年筆を選べばいいのかわからない」と、いう人のために万年筆を使ったことがない人でも使いやすい万年筆を紹介します!ここでは、初心者の人でも万年筆を始めやすいように、比較的安価で使いやすい万年筆万年筆を選びました。初めての万年筆選びに悩んでいる人は、ぜひご覧ください!

※このサイトは、PR広告を掲載しています。

初心者におすすめの万年筆は?

万年筆は、インクがペン先で固まらないように少しでも使うようにしたり、インクが無くなれば洗浄して使う筆記具になります。
慣れてしまえば簡単なのですが、初めて万年筆を使う人は「自分で扱う事ができるかな?」と不安に感じる人もいるでしょう。

そのため、初心者の人は安価の万年筆から挑戦することをおすすめします。
なぜなら、万円台の万年筆を買って壊してしまったり、使うのに飽きてしまったら、後悔することになるからです!

まずは安価の万年筆を使って取り扱いに慣れてきてから、好きな万年筆を購入するといいかと思います。

初心者におすすめの万年筆

ここで紹介している万年筆は、カートリッジインクのみが使えるタイプの万年筆と、カートリッジインクとコンバーターが使える両用式の万年筆を紹介しています。
コンバーター(インク吸入器)が使える万年筆は、万年筆のボトルインクからインクを吸入して使うことができるので、ボトルインクを使用したい人は両用式がおすすめです。

プラチナ万年筆・【プレピー】

プラチナ万年筆・プレピー

プラチナ万年筆から販売されているプレピーは、なんと500円以下で買う事ができる万年筆!
万年筆の中では低価格ですが、とても書きやすい本格的な万年筆です。
カートリッジ付きで販売されているため、万年筆のボトルインクを持っていない人や、万年筆を試しに使ってみたいという人は、特に買いやすい製品だと思います。

手に持つ部分はシンプルな円形の軸のため、持ち方に癖のある人でも持ちやすいです。
また、プレピーはスリップシール機構(1年間キャップをした状態ならば、インクが乾かない仕組み)が搭載されているので、「たまに万年筆を使いたい」という人も安心して使うことができます。

ちなみに、プレピーはコンバーター(インキ吸入器)での使用が推奨されていないため、カードリッジのみの使用になります。
極細・中字は3種類ですが、細字は8種類のカラーがあり、ポップなデザインになっています。

プレピーの詳しいレビューはこちらになります。

パイロット・【カクノ】

パイロット・カクノ

使いやすさで評判のいいカクノ!
滑らかな書き心地なので心者の人でも使いやすく、また万年筆が好きな人も愛用者が続出している製品です。

カクノは『子供から大人まで使える万年筆』というコンセプトのため、子供が使いやすいようにペン先の上がわかるように笑顔のマークがデザインされていたり、正しく持つことができるようにグリップの部分が三角形になっていたりします。

価格は1,000円くらいのため、初心者でも買いやす値段です。
また、カクノにはブラックのカートリッジインク付きで販売されています。
両用式なので、別売りのコンバーターを購入すれば、好きな万年筆のボトルインクが使えるのも魅力的です。

はんこキング(印鑑・シャチハタ)
¥770 (2024/04/21 17:45時点 | 楽天市場調べ)

また、カクノは定番商品以外にも、人気キャラクターやイラストレーターとのコラボ商品が販売されていることがあるため、コラボ商品のチェックもしてみるのもオススメです♪

カクノの詳しいレビューはこちらになります。

Fonteの万年筆

Fonte万年筆

Fonte(フォンテ)の万年筆は、万年筆本体と別売りのキャップを購入するタイプの万年筆になります。
Fonteの万年筆は透明軸のため、キャップの色がとても映えるデザインになっています。
キャップは全14種類あるため、きっと好きな色が見つかるはず!

万年筆本体とキャップが別売りなところが気になる人もいると思いますが、本体とキャップを購入しても、価格は1,000円を少し越すくらいの値段のため、初心者でも買いやすい価格です。

また、Fonteは両用式のため、カートリッジとコンバーターの両方を使うことができます。
しかもFonteは、コンバーターが初めから本体とセットで売られているため、コンバーターを買う必要が無いところが嬉しいです♪

ただし、本体はカートリッジインク付きでの販売はされていないため、カートリッジインクまたはボトルインクを購入する必要があります。

肝心の書き心地についてですが、ツルツル~という感じの滑らかな書き心地です。
書きやすいので、初心者も使いやすい万年筆です。

絵画材料と文房具のお店 画材本舗
¥715 (2024/04/21 17:50時点 | 楽天市場調べ)

シンプルなデザインのFonteも素敵ですが、限定の『すみっコぐらし』とコラボをした万年筆も魅力的です♪

カートリッジは、6本入りの単色のカラーインクの他に、『Fonte インクカートリッジ ミックス』の12本のセットが販売されています。

色々な色が使いたい人は、『Fonte インクカートリッジ ミックス』がオススメです。

Fonte(フォンテ)の万年筆について詳しいレビューは、こちらになります。

パイロット・【ライティブ】

PILOTの万年筆『LIGHTIVE(ライティブ)』

パイロットの万年筆『LIGHTIVE(ライティブ)』は、シンプルでスタイリッシュなデザインの万年筆です。
本体にブラックのカートリッジインクが付属されています。
サラサラッと書くことができ、癖の無い書き心地だと思います。

4色フリクションペンと並べてみました。

また、ボールペンと同じような太さで作られているため、万年筆を使ったことが無い人も抵抗がなく使えそうです。

ライティブのキャップは気密性に優れた仕様になっているため、インクが乾きにくくなっているとのことです。
ただし、プレピーのスリップシール機構の様に年単位で乾かない仕組みではないので、『カクノよりも乾かない』と思うと良いかと思います。

はんこキング(印鑑・シャチハタ)
¥1,540 (2024/04/22 20:28時点 | 楽天市場調べ)

さらに、ライティブはカートリッジとコンバーターが使える両用式なので、コンバーターを購入すれば好きなインクを使うことができます。

『CON-40』は回転吸入式のコンバーターで、パイロットの『カクノ』にも使えます。

プッシュ式のコンバーターはこちらになります。

近年では限定色やコラボ商品が販売されるようになったので、そちらもチェックしてみて下さいね!

2023年の限定色。
オシャレでカッコイイ色が揃っています!

2024年の4月に販売された、限定品!
Cattleya(カトレヤ)は透明軸の薄いブルーの色、Delphinium(デルフィニウム)は透明軸の薄いパープルの色になっています。
こちらの商品は限定されたお店でのみの販売となっているため、手に入れずらい所も魅力的です♪

ライティブの詳しいレビューは、こちらになります。

LAMY【ラミー・サファリ】

 LAMY の万年筆『 ラミー サファリ』

「初心者だけど、ずっと飽きずに愛用できそうな万年筆が欲しい!」という人は、LAMY(ラミー)の万年筆がオススメ!
写真の万年筆は『ラミー・サファリ』で、2021年に限定で販売された初代サファリの復刻版カラーの「サヴァンナグリーン」、価格は5,000円前後です。

インクが滑らかなに出る上に書きやすい!
ラミーは、万年筆を長年使う人が愛用していると答える人が多く、安定感のある書き味は、初心者でも安心して使える製品になります。

また、軸が他の製品よりも細めに出来ているため、太軸が苦手な人は特に使いやすいでしょう。

ラミーは両用式なので、カートリッジとコンバーターの両方を使うことができます。
インク沼にハマっても、コンバーターが使える万年筆ならば心強い!

コンバーターはこちらになります。

ちなみに、ラミーの万年筆は他のメーカーとのコラボや限定色など、次々と販売されています!
ぜひチェックしてみて下さいね♪

2024年に販売された限定色!

パステルカラーがかわいいラミーになります。

LAMY【ラミー・サファリ】の詳しいレビューは、こちらになります。

まとめ

万年筆を初めて使う場合、取り扱いに慣れるためにも、安価の万年筆から挑戦することをおすすめします。カートリッジインクのみを使う場合はプレピーを、ボトルインクも使用する場合はカクノ・フォンテ・ライティブ・ラミーの両用式の万年筆が適しています。どのように使いたいのかを考えてみて、好きな万年筆を選んでみて下さいね!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました